便秘の種類-器質性便秘と機能性便秘について

便秘の種類
便秘と一言で表されますが、実はその種類にはいくつか存在しています。
全てを知って理解しておく必要性は低そうですが、種類に応じて対応、対策も変わってきますので、ここでは器質性便秘と機能性便秘についてを解説していきます。

一言で表されやすいが色々な種類の便秘がある

便秘は、実は一言で表されていますが、2通りに分類化されています。
器質性便秘と機能性便秘です。
これは簡単に言えば、腸という器に問題があるのか、それとも腸の機能そのものに問題があるかという違いになります。

それぞれに特徴や対策があるため、自分の便秘がどちらのタイプなのかを知らなければなりません。

器質性便秘について

器質性便秘というのは、胃、小腸さらには大腸や肛門などに物理的な障害があったり、大腸が病気などの影響によって正常に働かない症状などの場合、さらには何かの原因によって腸管が狭くなってしまったり、先天的な影響で大腸が形質異常などによって便が通りにくくなり、排便がスムーズにいかない原因によって、便秘になります。

器質性便秘の場合は、そもそも腸自体に何かしらの問題が発生している可能性が高いため、食生活や生活を見直すといった自力的解決ではなく、なるべく早くに医者に診断してもらって解消を目指すのが最良と言えます。

器質性便秘かどうかの判断としては、出た便に血が混じっていたり、粘膜があった合など、さらには便の形が細すぎたり、平べったい場合、さらに色が真っ黒、赤色、灰色といったような、通常あまり見たことがない色をしていた場合には可能性が高いと言えます。

もしくは、今までに感じた事がないような腹痛などが発生したりもしますので、その際にはすぐ医者に行って診てもらうようにしましょう。

機能性便秘について

一方で、機能性便秘というのは腸自体に物理的な異常はないものの、腸の機能低下であったり腸の異常等によって、起こる便秘の事を指します。
さらに、この中にも自分の置かれている環境の変化による便秘=一過性便秘と、生活習慣による原因の便秘=習慣性便秘とがあります。

機能性便秘としては、大腸ガン、腸閉塞、慢性的な炎症といった事が上げられ、これらは頻繁に繋がるものでは当然ありませんが、 機能性便秘そのもの自体は、そう珍しいといった事ではありません。

世間一般的に便秘と呼ばれているものは、どちらかというと器質性便秘ではなくこの機能性便秘になります。
機能性便秘の場合は、その名の通りの腸などの機能には問題がないため、手術といった処置が必要性は無く、生活習慣の改善や食生活の見直しなどによって改善されます。

機能性便秘の場合の改善策として薬などに頼ってしまうと、自力で排便する力が衰えてしまうためあまり推奨されません。
薬で一時的に解消されたとしても、当然それは一時的でしかないため、根本的に考え、先ほどの食生活や生活習慣の見直しを考えていかなければなりません。

解消には腹筋を鍛えるなど簡単なトレーニングや、食物繊維を取ったりなど色々な方法がありますので、自分の便秘がどういった種類なのか、腸などに物理的に問題があるのか、それとも機能として問題があるのかなどしっかり把握していくことが大切と言えます。

キャンドルブッシュランキング

  • エスティモア
エスティモア
平均:4.42点 / 投票:7
キャンドルブッシュ+EMXゴールドという最強タッグ

通快麗茶

通快麗茶
平均:3.80点 / 投票:5

スルッティー

スルッティー
平均:3.66点 / 投票:3

オリゴ糖ランキング

  • カイテキオリゴ
カイテキオリゴ
平均:4.16点 / 投票:6
オリゴ糖の製品なら、この商品が日本出一番売れている人気と実力抜群のアイテム!

おなかマート

おなかマート
平均:3.33点 / 投票:3

ラフィノース100

ラフィノース100
平均:3.00点 / 投票:2

便秘解消サプリランキング

  • すっきり小粒
すっきり小粒
平均:4.00点 / 投票:3
サプリで行くなら、すっきりできるタイプを選ぼう!

すらっと宣言

すらっと宣言
平均:3.50点 / 投票:2

乳酸菌革命

乳酸菌革命
平均:3.00点 / 投票:2